日本作家クラブは、1949(昭和24)年に「捕物作家クラブ」として発足、1960(昭和35)年に現在の名称に変更。発足当初から純文学至上主義の風潮とは一線を画し、歴史・時代・大衆小説家等の幅広く多様な表現者たちが参集し、支援者を含めて、互いに切磋琢磨し合う団体として活動を続けて来ている。詩人・歌人・写真家・イラストレーター・・・多くの分野の人々も加入している。

初代理事長は野村胡堂。初期の会員には江戸川乱歩、海音寺潮五郎、川口松太郎、子母澤寛、陣出達朗、長谷川伸、村上元三、山岡荘八、山手樹一郎、横溝正史、吉川英治・・・等の文豪が目立つ。

「作家」として、ご入会を御希望の方は、お問い合わせフォームよりお申し込み下さい。
折り返し、事務局より御連絡させて頂きます。

活動紹介

■会員誌「文芸」の発行

■各会員の諸活動(発刊・講演・催し物等)の当会HPへの掲載

■文芸散歩、旅行、懇親会、分科会(令和2年度スタート予定)

■個別会員の諸活動について、日本作家クラブHP上の「会員の活動」に掲載(一定の審議の上)

■野村胡堂文学賞、あらえびす文化賞

会費

入会金 10,000円

年会費 12,000円
※振込手数料は御負担下さい。

振込先口座

名義:日本作家クラブ(ニホンサッカクラブ)

・三井住友銀行 銀座支店(店番:026)普通 8529775

・ゆうちょ銀行 〇三八(店番:038)普通 5876674
(記号10360 番号58766741)