MENU
javascript slideshow by WOWSlider.com v9.0

日本作家クラブとは

日本作家クラブは、創作活動に携わる者たちの職能的な結合体として、広く文化や芸術の振興および会員相互の自己啓発と親睦を図ることを目的に1949年に設立された団体です。初代会長は野村胡堂(詳細は「あゆみ」参照)。草創期の会員には江戸川乱歩、海音寺潮五郎、横溝正史、山手樹一郎、山岡荘八、吉川英治らの錚々たる文豪が名を連ねました。当クラブでは作家の意味を、広い意味での表現者および表現を志す人と捉えています。こうした会員による表現の場として1994年に同人雑誌『文芸』を創刊(年1回刊行、通巻25号)。2012年からは顕彰事業に着手して「野村胡堂文学賞」、2015年に「あらえびす文化賞」を創設。2019年に創立70周年記念事業を展開、今日に至っています。

 

第10回「野村胡堂文学賞」候補作決定のお知らせ

主要出版社からご推薦いただいた多数の応募作品の中から、文芸評論家の郷原宏、末國善己、細谷正充の三氏による第一次選考の結果、候補作が決定しました。
 

 

第6回あらえびす文化賞授賞式

6月8日、神田明神にて第6回あらえびす文化賞授賞式を執り行いました。
ご多忙の折、御列席賜りました皆様ならびにご協賛・ご後援いただきました各社の皆様に心より厚く御礼申し上げます。

 

 

会 員 の 活 動

 


 

理事長挨拶

理事長挨拶

あゆみ

あゆみ

入会

入会案内